日本では、特に会計領域において、ERPの導入が広く浸透する中、これまで財務領域はデジタル投資から取り残されてきました。しかし、グローバルビジネスの拡大や、新型コロナウイルスの感染拡大に備えて、リスク対策、BCP対策の強化等、財務においてもデジタル化の検討に本格的に取り組むお客様が多くなっています。
 
そして、そんなお客様から「すでにERPを導入しているが、TMSとの役割分担について教えてほしい」「ERPの導入も予定しているが、TMSで何が出来るのか、ERPで出来ることとどう違うのか」といった内容の問い合わせをいただく機会が増えています。
 
本セミナーではERPとキリバTMSの違いや役割分担、そして、両方を組合せて使うことによる財務部門にとってのメリット、さらにはIT部門にとってのメリットについてご紹介します。
 
下記のような課題をお持ちの方にオススメです
● ERPを導入済みだが、ERPがどんなものかちゃんと話を聞いたことがない方
● 財務部門がTMSを検討しているが、ERPにどんな影響があるのか心配されている方

下記フォームに必要事項をご記入の上送信してください。

*プライバシーポリシーにご同意の上送信ください。弊社のプライバシーポリシーはこちら